節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加 
 

 春が旬の野菜




 食費の節約




 旬野はお得&高栄養!
   春の旬野菜と効用
   夏の旬野菜と効用
   秋の旬野菜と効用
   冬の旬野菜と効用



 無料で外食して節約!

 冷凍に向かないもの


 冷凍保存の方法
   豚肉の冷凍方法
   鶏肉の冷凍方法
   牛肉の冷凍方法
   魚介類の冷凍方法
   野菜の冷凍方法1
   野菜の冷凍方法2
   その他の冷凍方法
 



 節約虎の巻トップへ





スポンサーリンク






  たけのこ・・・4〜5月
  大葉・・・4〜5月
  セロリ・・・11〜5月
  レタス・・・1〜4月
  キャベツ・・・3〜5月
  玉ねぎ・・・2〜4月
  アスパラ・・・5〜6月
  さやえんどう・・・4〜6月

 春が旬のお野菜の効用は

野菜 効用など
 
 たけのこ
コレステロールの吸収を妨げ、大腸がんを予防する食物繊維、高血圧や動脈硬化の予防になるカリウム、ビタミンB2、たんぱく質が豊富。
 
 大葉
βカロチン、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、ビタミンC、B1、 B2、E、食物繊維などが豊富。体内でビタミンAに変わるβ(ベータ)-カロチンの含有量が非常に多い
アレルギーの予防、改善
殺菌、防腐作用免疫力を高める、風邪を予防、食欲増進等の効果が期待できる。
  
 セロリ
ビタミンA、B1・B2、余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化を予防カルシウム、鉄分、マグネシウムが豊富。
カロチンは油で吸収が高まるため、炒めてからスープにすると効果的。
 
 レタス
ビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素をバランス良く含んでいる。免疫力を活性化しガンを予防するカロチンほかビタミンC・Eが豊富
  
 キャベツ
ビタミンCとビタミンUが豊富。ビタミンUの働きで、胃腸の調子を整えてくれ肝臓の解毒作用あり。ビタミンCにより免疫力を高め、風邪を予防する効果も。
  
 たまねぎ
硫化アリルという成分が豊富血液をサラサラにし、動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進、血栓を出来にくくする作用があるといわれている。
ビタミンB1が多い豚肉と一緒に調理すると、高い疲労回復効果があり。
 
 アスパラ
病気に対する抵抗力を高めるカロチン、滋養強壮や疲労回復、ダイエットに効果的なアスパラギン酸を多く含む。
アスパラガスはカロチン、ビタミンE、ビタミンCを同時に摂取することが出来るため、
抗酸化作用が高い
 
さやえんどう
ビタミンA、B1、ビタミンC、シスチン、リジン、アルギニン、カルシウムが含まれ、便秘予防 美肌保持 疲労回復 イライラ解消 脂肪肝予防に効果があるといわれている。
                              




スポンサーリンク





春が旬の野菜TOPへ


節約虎の巻TOPへ  



Copyright(c)2005-2013 節約虎の巻 All rights reserved