節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

  
   当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加  

 予算から貯蓄額を考える






流動支出、年間の支出が把握できたら、1ヶ月の予算を考えてみましょう!
毎月変動のある流動支出は無理のない程度に多少の余裕をもって予算設定するべき。




例えば、1ヶ月の食費が大体36000円だったとしたら35000円、
日用雑貨費が6000円だったとしたら5000円・・・
といったように、始めはあまり少なくしすぎないほうが無難。




おおまかに予算を考えて、後は徐々に予算額を見直していけばいいんです。
はじめから切り詰めすぎてもても、長持ちはしませんからね。




あとは、住居費や通信料、新聞代、お小遣い等の固定支出を差し引いて、
無理のない程度に毎月の貯蓄額を決定します。




ちなみに我が家の場合は毎月
 手取り給料 − 固定支出 − 流動支出(予算) ≒ 50000円




と考えて、余った金額に2〜3万円の予備金を残し、
そこから余裕ができた分(2〜3万円)だけ貯金します。




余裕を残しておく目的は、突然の出費に備えるため。
いざというときに、お金がなくて貯金をおろしているようでは
貯金の意味がありませんからね。




幸い突然の出費がなければ、翌月の給料が入った時点で貯金にまわしてしまえば、
さらに貯金額UPなわけです。




ちなみに我が家は”余裕ができた分だけ貯金”と書いてみましたが、
  財形貯蓄+定期預金+α




αの貯金です。
毎月このαをどれだけ増やせるかが勝負の鍵を握ってます(^▽^;)






スポンサーリンク





ページTOPへ


節約虎の巻TOPへ  





 節約をはじめよう



流動支出を把握する

年間の支出を把握する

予算から貯蓄額を考える
いろいろな家計管理

袋分けの方法

節約上手なお買い物法





 節約虎の巻トップ





スポンサーリンク





Copyright(c)2005-2013 節約虎の巻 All rights reserved