節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

  
当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加 

  家電の取り説はとっておこう





 水道・光熱費の節約


電気代の節約法
待機電力どのくらい?
説明書はとって置く

水道代の節約法

ガス代の節約法





 節約虎の巻トップ




↓電気代を大幅節約!

 ●省エネダクト●
ヒーターの風をコタツに送って暖かくしてくれる省エネダクト。
コレを使えばコタツ電気代ゼロ!東北では昔から使ってます。







スポンサーリンク







電化製品を購入したら、どんなにお安いものでも
説明書と保証書は必ずとっておきましょう。


便利な説明書用のクリアポケットファイルが100円ショップでも売ってます。
それぞれの家電ごとに保証書と説明書をまとめておくと、いざという時見やすく意外と役に立つもの。
    

ちょっとトラブルがあったときでも、説明書の「こんなときは?」などというところを読めば何とかなることが多々あります。


説明書を読んでも直りそうにないときは保証書をもってできれば購入した電気店へ。

保障期限内なら故意でない限りほぼ無料で修理可能ですし、保証期限が切れても意外に安く修理できることがあります。


mayuの場合、35000円ほどで買ったオーブン電子レンジが2年で壊れてしまい、
無料で修理の見積もりをしてもらったところ、3000円程度で修理可能ということで
買い替えずに済んだだことがありました。



故障したらすぐにあきらめず家電量販店に相談してみるのもひとつの手かもしれません。






スポンサーリンク





ページTOPへ


節約虎の巻TOPへ  




Copyright(c)200−2011 節約虎の巻 All rights reserved.