節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

  
当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加 


 

 電気代を節約するコツ






 水道・光熱費の節約


電気代の節約法
待機電力どのくらい?
説明書はとって置く

水道代の節約法

ガス代の節約法



 節約虎の巻トップ






↓電気代を大幅節約!

 ●省エネダクト●
ヒーターの風をコタツに送って暖かくしてくれる省エネダクト。
コレを使えばコタツ電気代ゼロ!東北では昔から使ってます。






スポンサーリンク





基本中の基本!
コンセントはこまめに抜き差しをする!
ほこりは故障の原因&電気代が余計にかかる原因にもなるのでこまめに掃除っ!

じゃそれ以外のコツは下に書きますね♪




 エアコン


2週間に一度程度はフィルターの掃除をする。
掃除機でほこりを吸い取るだけでもOK。
汚れがひどい場合は、専用の洗剤を使って掃除を。
 

夏の設定温度は高めにする。1℃で10%の節約効果がある。
扇風機と併用すると、空気に流れができより涼しく感じることができます。


カーテンを閉めることで日差しをシャットアウト!
室内の温度が上昇するのを防ぎます。






 テレビ
スイッチは主電源を使い、画面の掃除をマメにする。必要以上に音量を上げない。
画面を明るくしすぎないのも節約になります。





 DVDレコーダー
使用時以外はコンセントを抜く。待機電力がゼロの機種を選んで買うのも◎。






 電子レンジ


冷蔵庫から出したものは、常温に戻してから温める。
解凍も出来るだけ自然解凍もしくは冷蔵庫解凍で。


ラップもしくは、レンジ用のふたをし温める。
レンジ内の汚れ防止&早く温まる効果あり。
      

野菜の加熱をする際は、電子レンジを使うほうがガスよりも経済的
たとえば、じゃがいも一個を加熱するのにレンジだと1円程度ですが、
ガスだとほうれん草1束を茹でるので約2円かかるのだそうです。






 炊飯器


保温は出来るだけしない。(熱を発する製品は得に消費が大きいので)
ご飯は多めに炊き、温かいうちにラップもしくはご飯用の容器等に入れ、
冷めてから冷凍・冷蔵しておくと、レンジで温めておいしく食べられます。
ずっと保温にしておくよりよっぽど経済的。





 冷蔵庫


温かいもは冷ましてから入れる。


冷気が逃げないように、保冷シートを貼る
冷蔵庫内のサイズを測ってから買うのが○。


必要に応じ、温度調節をする夏は低めに、冬は高めに。


冷蔵室は物を詰め込み過ぎないようにする。
また、吹き出し口の付近には物を置かない。
冷気が遮断されてしまいます。


冷凍室にはできるだけ多く物を詰めておくほうが保冷効果が高いです。
 

できれば設置は日差しが届かない場所にに置く。






 照明類


蛍光灯は白熱灯よりも寿命が長く
同じワット数でも、5倍〜7倍程度の明るさがあって経済的。
ただし、頻繁につけたり消したりすると寿命が短くなるという弱点があるので、
場所によって使い分けが大切。
LEDライトを使うのもかなり効果的です。





 掃除機


掃除機を使うときは、片付けをしてから。
そのほうが効率的で時短♪






スポンサーリンク





待機電力を減らすコツTOPへ


節約虎の巻TOPへ  


Copyright(c)2005−2013 節約虎の巻 All rights reserved.