節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

  
当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加 


  

 家電待機電力はどれくらい?






 水道・光熱費の節約


電気代の節約法
待機電力どのくらい?
説明書はとって置く

水道代の節約法

ガス代の節約法





 節約虎の巻トップ





 【ロスカット】
トイレタンクに設置するだけで1回5リットル年間約20000円節約!








スポンサーリンク







電化製品を使っていない時でも、消費されている電力=待機電力です。
これは月々の電気料金の約10%も占めているって言うんだからビックリですよね。電気の無駄使いが知らない間に発生しているなんて。


でも、この待機電力を出来るだけ減らすようにすれば、今までよりも電気代が安くなる上、地球の省エネにも貢献していることになっちゃうんです。
スバラシイ!!


じゃ、自宅にある電化製品の待機電力がどれくらいなの??
と思いますよね。一般的には大体これくらいのようです。


各電化製品の1年間の待機電力(目安)
炊飯器 440円 テレビ 300円
電子レンジ 960円 ビデオデッキ 1380円
留守番電話 950円 エアコン 920円
電話子機 500円 洗濯機 240円
温水便座 1620円 パソコン 700円

ちなみに合計8000円/年間!!

これ以外の電化製品ももちろんあるので、実際はもっと多いわけです。
中でも、驚きなのがビデオデッキと温水便座。
なんと、ふたつ合わせると、年間約3000円も待機電力がかかっているんです。

もったいない!!

使わないものは電源をまめに切り、コンセントを抜く。
まったく使わないものはブレーカーを落としてしまう。
これだけでも大分電気の使用量は変わってくるはずですよ。






スポンサーリンク





ページTOPへ


節約虎の巻TOPへ  


Copyright(c)2005−2010 節約虎の巻 All rights reserved.