節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

 当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加
節約虎の巻TOP>調理で安心!の一工夫

 調理で安心!の一工夫



 安心して食べる為に




調理で安心の一工夫

国産」を食べよう

添加物について

覚えておきたい危険添加物





節約虎の巻トップへ







スポンサーリンク




調理する時にひと手間かけるだけで、加工品の添加物や野菜の残留農薬をできるだけ減らすことができるそうです。
そんなに難しくないので,ぜひお試しくださいね。




 添加物を減らす調理法



 ()内は不安な添加物です。
 加工食品
 ウィンナー、ハム、ベーコン等(ソルビン酸K、亜硝酸Na、リン酸塩)
  切り込みを入れたり,細く切った後,沸騰したお湯で1分程度湯通し
  してから調理する。添加物が半分くらいに減るそうですよ。           
 油揚げ(酸化防止剤、遺伝子組み換え植物油)
   油抜きをする。濡らしたキッチンペーパーに挟んで、
   1枚につき30秒程チンするだけでOK。
 かまぼこ、さつま揚げ(ソルビン酸K、リン酸塩、コチニール色素)
  切ってからさっと湯通しする。
 たらこ(亜硝酸Na、ナイアシン、コチニール色素、着色料)
   無着色のものを選ぶようにし、焼く時は焦げないように焼く。
   アミノ酸等の調味料が含まれる場合、高温で発がん性物質になる不安が
   あるそうです。
 漬物(ソルビン酸K、着色料)
   漬け汁に添加物が解け出ているので、捨てること。
   一度水洗いすると、さらに安心。
                          ↑ページTOPへ
 主食類                          
 食パン(臭素酸カリウム)
   購入する時は、ビタミンCの表示があるものを選び、
   トーストしてから食べると安心。
 茹で麺(リン酸塩)
   茹でてから使うと安心です。つゆは自分で作るのが一番。

【PR】
 
生協の宅配パルシステム   
 安
全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!
 今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典があります!

 東京・千葉・埼玉・神奈川・千葉・埼玉・群馬・山梨・福島地域の方。詳しくはコチラから


↑ページTOPへ 
野菜の農薬やダイオキシンを落とす調理法
 野菜は調理前によく洗う
葉の表面に残留農薬やダイオキシンがついているので、水でよく洗う。それだけでも、農薬がだいぶ落ちるそうです。
 外側の葉は捨てること
キャベツや白菜、レタスは外側の葉をとること。内側は農薬の心配がほとんどないそうです。
 根菜は水でよく洗い、できるだけ皮を剥く
よく洗って土を落とし、皮を剥くことで、農薬・ダイオキシンの心配が少なくなります。
 葉ものの野菜は切ってゆでる
ほうれん草や小松菜などの葉の野菜は、残留農薬が多いので、切ってから湯通しすることで農薬等が解け出るそうです。切らない時でも湯通しだけはしておくようにしましょう




ページTOPへ




節約虎の巻TOPへ  




Copyright(c)2005ー2013節約虎の巻 All rights reserved.