節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

  
  当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加
HOME覚えておきたい危険添加物


 覚えておきたい危険添加物 






 安心して食す為に




「国産」を選ぼう
添加物について思うこと
覚えておきたい危険添加物
調理で安心の一工夫







 節約虎の巻トップへ





スポンサーリンク





同じ価格の商品でも、添加物が違うのでできるだけリストの添加物を避け安全なものを選ぶようにしましょう!


添加物名 含まれているもの 注意する点など
亜硝酸ナトリウム
(発色剤)
ハム・ソーセージ
ベーコン・イクラ
タラコ・スジコ等
染色体の異常が確認されている。
「無塩せき」のハムやウィンナーを選ぶと安心です。
合成着色料

特に
赤色2号
   
赤色3号
   赤色104号
   赤色105号
   赤色106号

   
黄色5号
     
緑3号
菓子類・ゼリー
かまぼこ・桜えび
ソ−セージ・漬物
       等々
多くに染色体異常や、遺伝子異常、発がん性が確認されている。

特に左に記した着色料は、アメリカなどの諸外国では使用を禁止されている着色料。

中でも赤色106号を使用しているのはほとんどないだそうです。
ソルビン酸
(保存料)
ソーセージ・ハム
魚肉ソーセージ
魚介乾燥品など
亜硝酸ナトリウムと反応して発がん物質に変わることが確認されているそうです。
サッカリン
(合成甘味料)
ガム・清涼飲料
アイスクリームなど
1973年に一時使用禁止になったものの、1ヵ月後に再認可されたそうです。
アメリカやカナダで使用禁止されているそうです。
アステルパルテーム
(甘味料)
カロリーカット甘味料清涼飲料水・菓子等 特に妊婦や新生児はあまり取らないほうがいいそうです。
イーストフード
(発酵促進剤)
菓子パン等 イーストフードである臭素酸カリウムの発がん性が指摘されている。最近ではVCフードを使うパンが増えたようだが、臭素酸カリウムである場合が多いそうです。
カラギーナン
(粘料)
ジャム・プリン
ゼリー・菓子等
発ガン促進物質として知られていて、天然の増粘類の中では最も危険とされているそうです。




スポンサーリンク







ページTOPへ




節約虎の巻TOPへ  


【PR】
  生協の宅配パルシステム
・・・mayuも利用しています。 
    安全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!
    今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典があります!

    東京・千葉・埼玉・神奈川・千葉・埼玉・群馬・山梨・福島地域の生協 
    詳しくはコチラから
Copyright(c)2005-2011 節約虎の巻 All rights reserved.