節約虎の巻は毎日の節約・家計管理の仕方をはじめ,お得で安全な食品の選び方・保存法も紹介しています。

 
 当サイトについて │ Blog │ メール │ リンク │ サイトマップ │ お気に入りに追加
節約虎の巻実験!国産vs中国産





 安心して食す為に


「国産」を選ぼう
添加物について
覚えておきたい危険添加物
調理で安心の一工夫
実験!国産vs中国産





 節約虎の巻TOPへ







スポンサーリンク






輸入野菜の安全性について調べてみようかと、実験してみました。
試したのは、mayuがず〜っと気になっていた干ししいたけ


特に中国産は今まで何度となく、発がん性の危険性物質等が検出されていることで有名なので、中国産で実験してみることに。


中国産と国産をそれぞれ水道水につけて数日おいて、
どのくらいで腐ってくるのかをみてみました。




 


  1日目:水がまだ透き通っていています。



 


  4日後:水が少し黄色っぽくなってきました。
      国産しいたけのほうが少しにごっています。




 


  12日後:国産の水がさらににごってきました。
       水面には白いカビのようなものが浮いています。
       一方、中国産はにごる気配がまったくありません。




この写真を見て、みんなどう思いますか??


mayuは本当に腐らないのか半信半疑で実験してみたのですが、
あまりの腐らなさにショックです( ̄□ ̄;)


約20日経つ今も、未だ腐る気配はありません。


学生のときは安さに負けて椎茸はもっぱら中国産を買ってたんです…。


やっぱり、中国産の干ししいたけは相当な量の農薬や防腐剤が使われている
ということになってしまうんですね…。


こんなに危険なモノが、普通にスーパーにおいてあるかと思うと…
ぞっとしてしまいます。


節約して一番安いものを買うこともいいけれど、
やはり”安全で安いもの”を買うべきだな〜ってつくづく思わされました。




*関連記事

中国産しいたけから残留基準値を超えるピレスロイド系殺虫剤・フェンプロパトリン検出 (2006.8.11)


All About:食は本当に安全か?輸入食品の劇薬から身を守る

     ガイド−南 恵子



スポンサーリンク







ページTOPへ


節約虎の巻TOPへ  


【PR】
 生協の宅配パルシステム 

  安全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!
  今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典があります!
  
東京・神奈川・千葉・群馬・山梨・茨城・福島の生協  詳しくはコチラから


Copyright(c)2005−2013 節約虎の巻 All rights reserved.